ファッション

「ジョンロブ」がウィメンズ・コレクションを本格スタート 日本初上陸

 150年以上の歴史を持つ英国の高級紳士靴メーカー「ジョンロブ(JOHN LOBB)」は、2017-18年秋冬シーズンにウィメンズ・コレクションを本格スタートする。ウィメンズ・コレクションは以前も一部扱っていたが、今回は、パウラ・ジェルバーゼ(Paula Gerbase)=アーティスティック・ディレクターが木型から新たにデザインした。同ディレクターによるウィメンズ・コレクションは、日本初上陸となる。

 17-18年秋冬コレクションは、ビスポークのアーカイブに保管されているウィメンズ用のシューズやブーツをインスピレーション源に、現代の女性の装いをイメージしてデザインした。フルオーダーのビスポークシューズを出自に持つブランドの高い技術力を生かし、全てイギリス・ノーザンプトンの「ジョンロブ」ファクトリーで、ハンドメードで製作。ビスポークシューズの特徴でもある、エレガントなピッチドヒールも採用する。ストラップブーツ“ウィロー(WILLOW)”(24万7000円)、ジョッパーブーツの“ホーソーン(HAWTHORN)”(23万5000円)、サイドエラスティックのチェルシーブーツ“エイサー(ACER)”(20万4000円)、モンクストラップシューズの“ホークス(HAWKS)”(19万4000円)、ローファーの“ローウェン(ROWEN)”(16万円)、スコットランド・ハイランド地方のギリースタイルの伝統的ウォーキングシューズ“アルバ(ALBA)”(18万3000円)の6モデルをラインアップする。

 17年9月から、「ジョンロブ」の東京ミッドタウン店と伊勢丹新宿店本館、ユナイテッドアローズ原宿本店で取り扱う。

 「ジョンロブ」は、1866年にビスポーク専門のシューズメーカーとしてスタート。1976年にエルメス・インターナショナル傘下に入り、既製靴コレクションを発表した。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら