ファッション

「エルメス」が祇園で新作“シェーヌ・ダンクル・パンク”を世界先行販売

 「エルメス(HERMES)」は京都・花見小路の祇園店の装いを一新し、“PUNK!”と題してジュエリーコレクションを販売している。1938年にデビューしたアイコンモチーフ“シェーヌ・ダンクル”にフォーカス。アンカー(錨)の鎖に着想したモチーフを大胆にアレンジした2017年秋冬の“シェーヌ・ダンクル・パンク”ゴールドコレクションを世界先行販売中だ。2階では、同ラインのシルバージュエリーを身につけて撮影ができるフォトブースを設置している。

 12日に催したレセプションパーティーに合わせて、ジュエリー部門のクリエイティブ・ディレクターを手掛けるピエール・アルディ(Pierre Hardy)が来日した。初めて京都店を訪れ「フランス人の私にとって、イメージする日本らしさが凝縮された夢のような空間。シンプルだけれどプレシャス。こじんまりした空間に漂う親密さが気に入ったよ」と目を輝かせた。

 “パンク”シリーズは、70’sパンクの若者たちの反抗のシンボルでもあった安全ピンがキーモチーフ。柔らかく婉曲した安全ピンをロングネックレスやピアス、ブローチに印象的にあしらい、脱構築的でありながら、エレガントに昇華させている。「“シェーヌ・ダンクル”は古くからあるモチーフで、まさにメゾンの伝統とスタンダードが詰まっている。そこからいくつかの要素を組み合わせたり壊したり、拡大縮小したりして、新しい見せ方に挑戦した」と説明。“パンク”シリーズは、繊細さと大胆さを兼ね備えるアルディのクリエイションと、クリエイターの挑戦心を尊重する「エルメス」とのマリアージュが形になった。「『エルメス』には毎シーズン同じものはなく、常に生まれ変わる魅力がある。クリエイターにとっては難題に思うかもしれないけれど、好きなように自由に創作させてもらっているから、一度もプレッシャーを感じたことはないよ」と笑顔で語った。同展は5月31日まで開催中。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら