フォーカス

KEYロスに捧ぐ! 坂口健太郎「グッチ」で金髪最後の肖像

 俳優の坂口健太郎は1月から3月、人生で初めての金髪に挑戦した。日本テレビドラマ「東京タラレバ娘」で演じたKEYというキャラクターの役作りの一環だったが、番宣のバラエティ番組や雑誌への出演も加わり、金髪姿はドラマにとどまらない認知と反響を生んだ。役者として今年獲得した第41回エランドール賞の新人賞や第40回日本アカデミー賞の新人俳優賞の授賞式でも、「グッチ(GUCCI)」のエレガントなスーツとマッチする金髪スタイルだった。3月下旬、ドラマを終えて黒髪に戻す前夜の坂口に撮影を申し込み、「グッチ」を着用しての金髪最後の肖像を記録に残し、ファッション観を聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):約3カ月の金髪生活はどうだったか?

坂口健太郎(以下、坂口):まずキープとケアは苦労しましたね。3カ月で計8回は染め直しました。僕、茶髪はあったけど今回ほど色を抜いた変化は初めてで、なかなか評判も良かったです。自分でも好きだなと思いました。金髪だと黒い服ばかりが似合うかと思いきや、わりと何色でもいけましたね。ピンクや緑も良いし、赤と水色も実はすごく似合うなと思った。僕が色白なのも理由の1つかもしれません。金髪で肌の白さも際立ちました。髪色が違うだけで着る洋服の楽しみも増えた。25年間でいちばん派手な時期だったかもしれない。

WWD:坂口さんにとって、金髪のアイコンといえば?
 
坂口:僕は「東京タラレバ娘」の役に合わせていたので、素直に「あ、KEYだ」と思いました(笑)。金髪のアイコン、誰がいますかね?

WWD:たとえばスーパーサイヤ人とか。

坂口:たしかに! 僕も金髪でオールバックにすると、「スーパーサイヤ人カラーだ」みたいなことは言われていたんですよ。今(4月中旬)はもう黒髪に戻しましたけど、世間的には僕のイメージはまだ金髪だから、最近会う人に新鮮だと言われます。ということは坂口健太郎の金髪って、ある程度皆さんの中にイメージとして定着したのかなって。スーパーサイヤ人ほど普遍的ではないけど、一過性のアイコンとしては強力だったかもしれませんね。それに坂口健太郎の年表があるとしたら、金髪はひとつの時代を築いた感じがあります。1年のうちの1クールだけだから世の中的には一瞬かもしれないけど、金髪で盛り上がった感じは公私ともにありました。

最新号紹介

WWD JAPAN

求ム!次世代D2Cブランド アメリ、サティス製薬、ファブリックトウキョウなど有力企業のキーパーソンが語る「D2Cブランドの作り方」

「WWDジャパン」9月14日号は、「次世代D2Cブランドの作り方」特集です。「アメリ(AMERI)」「ファブリックトウキョウ(FABRIC TOKYO)」「オブジェクツアイオー(OBJECTS.IO)」「メデュラ(MEDULLA)」など、ファッションとビューティ業界の日本を代表する有力D2Cブランドの創業者たちが、ブランドの立ち上げから運営、ブランドの今後までを惜しげもなく公開。側面からブランドを…

詳細/購入はこちら