ファッション

名古屋に「ラス」監修のレストラン 村上隆の描き下ろし絵画を限定公開

 トランジットジェネラルオフィスは4月17日、JR名古屋駅直結の「名古屋JRゲートタワーホテル」に大型オールデイダイニング「ゲートハウス」をオープンする。青山の人気フレンチ「ラス」のオーナーシェフである兼子大輔が初めてメニュー監修に携わり、朝食からランチ、ディナーまで終日利用できるレストランを開発。店舗面積は800平方メートル、席数は200席。エントランスのカウンターとレストラン、カフェやバーとして利用できるラウンジ、日当たりが心地良い中庭テラスを望むボックス席の4つのエリアで構成する。また、村上淳や祐真朋樹、高木康行らが「ライカ」を使って撮影した写真展「Photography is my only language」も開催中だ。

 レストランでは15階からの抜群の眺望を眺めながら、「ラス」の看板メニューである“フォアグラのクリスピーサンド”を含むコースメニュー(5000円。完全予約制)を堪能できる。朝6時半にオープンする朝食メニューは、名古屋の食材を使用した食材が並ぶモーニングブッフェを提供。名古屋コーチンを使用した、なめらかな食感の“卵サンド”も並べる。ランチは、デリ&ドリンクのブッフェにメイン料理を1品選ぶスタイル。

 内装インテリアは重厚感が漂うクラシックでモダンな空間。LINE-INCの勝田隆夫がデザインを手がけた。グラフィックデザインは平林奈緒美、ディスプレーはライフスタイルショップのジェネラルサプライが担当。注目は、レストランエリアに特別展示している村上隆の新作アートだ。兼ねてから中村貞裕トランジットジェネラルオフィス社長と親交があったことから、今回の展示が実現した。作品は、アイロニーと笑いが同居する独特の作風が話題のアーティスト・MADSAKIとコラボレーションした巨大アート「’Tis a Hollow, Enormous Hollow/それは空洞 デカイ空洞」。6月までの限定公開で、7月以降はMADSAKIの新作を展示する予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。