ファッション

銀座ソニービルが閉館 平井社長がスカパラとセッション

 1966年に開業した「銀座 ソニービル」(東京都中央区銀座5-3-1)は、3月31日もって一時閉館した。同日、フィナーレイベントを開催し、平井一夫ソニー社長兼CEOがあいさつをした他、東京スカパラダイスオーケストラとのライブも行った。

 今後、ビルの地上部分の解体工事を行い、2018年夏から20年秋の間は「銀座ソニーパーク」と称し、フラットな空間として開放。22年には新ソニービルを竣工する。

 オープニングトークショーでは、登壇した平井社長が高校、大学、会社の先輩であるMCのジョン・カビラとともにソニービルの思い出を語った。平井社長は、一時閉館するソニービルについて「中学生当時、銀座に遊びに行くときは、音響メーカーやカメラメーカーのショールームに行っていたが、最初に行くのはソニービルだった」とコメント。来夏にオープンする「銀座ソニーパーク」については「(ビル解体後について)議論した結果、お世話になった銀座、そして世界中の人に向けて、オープンスペースを提供したいと思った」。新ソニービルについては「開業当時、エレクトロニクスだったソニーは、今やエンタメや音楽、ゲーム、金融、不動産もやっている。今のソニーを体験できる複合施設にしたい」と意気込んだ。

 その後、会議室で練習したというサックスをおもむろに取り出して演奏を開始。東京スカパラダイスオーケストラも参加し、セッションを繰り広げながらビルを練り歩いた。最終的には「エルメス(HERMES)」との間の銀座ソニー通りに設置された特設ステージで演奏し、雨にも関わらず来場した大勢のソニーファンとともに50年間の歴史の幕を下ろした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら