ファッション

篠山紀信が“ラブドール”をテーマにした写真展

 写真家の篠山紀信は4月29日〜5月14日、「篠山紀信 写真展 -LOVE DOLL × SHINOYAMA KISHIN-」を東京・渋谷のアートスペース、アツコバルー arts drinks talkで開催する。

 4月19日に小学館から発行される写真集「LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN」(3900円)の作品を展示。作品に登場するラブドールは東京藝術大学大学院を修了したチームが手掛けた。独自の進化を遂げ、クオリティが高く評価される最新のラブドールを、篠山が独特な視線で捉えた。また関連イベントとして、篠山紀信と明治学院大学教授の山下裕二とのトークショーや作曲家の平本正宏とのライブも開催する。

 篠山は「想像を超えた美の存在に遭遇したとき、僕は近未来の迷宮にいるような不安を感じる。この心の動揺こそが僕に写真を撮らせているようだ」とコメントした。

■篠山紀信 写真展 -LOVE DOLL × SHINOYAMA KISHIN-
時間:火〜土曜日14:00〜21:00、日・月曜日11:00〜18:00
定休日:なし
入場料:一般800円、学生/障がい者600円

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら