ファッション

初日は“太めのボトムス”と“垂らし”が人気 2017-18年秋冬アマゾン ファッション ウィーク東京

 2017-18年秋冬「アマゾン ファッション ウィーク東京(以下、AFWT)」が3月20日、渋谷ヒカリエで開幕した。

 初日は、鬼澤瑛菜と西野岳人の夫婦デザイナーデュオによる「ファイブノット(5-KNOT)」や、“SEE NOW,BUY NOW(見てすぐ買える)”のコレクションを見せたアダストリアの「ハレ(HARE)」、ヨウジヤマモトでパタンナーを経験した西崎暢による「ウジョー(UJOH)」など10ブランドがショーを開催した。

 DJやモデルのマドモアゼル・ユリアとして知られるユリアが手掛ける「グローイング・ペインズ(GROWING PAINS)」は、道玄坂の駐車場をショー会場に選んだ。フロントローには普段から親交のあるファッショニスタたちが駆けつけ、ランウエイには「ヴィクトリアズ・シークレット(VICTORIA'S SECRET)」のショーに登場経験があるスーパーモデル、ユミ・ランバート(Yumi Lambert)の姿もあった。

 また、「ティート トウキョウ(TIIT TOKYO)」のショーには女優でモデルの小松菜奈や松井愛莉、モデルの宮本彩菜ら豪華キャストが登場した。

 来場者の間では太めのボトムスとアイテムに付いているテープや紐を垂らすスタイルが人気。また、トレンドの古着とラグジュアリーブランドのミックススタイルに加え、ハンドメイドやDIYの波も見られた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら