ファッション

“肩落ち”トップスにスポーツミックスが旬 2017-18年秋冬アマゾン ファッション ウィーク東京

 2017-18年秋冬「アマゾン ファッション ウィーク東京(以下、AFWT)」が閉幕した。

 4日目の23日には「ケイスケヨシダ(KEISUKEYOSHIDA)」と「アキコアオキ(AKIKOAOKI)」などの9ブランドがショーを披露。5日目には「ミントデザインズ(MINTDESIGNS)」が東京・青山の旗艦店内でインスタレーションを行った他、「ハイク(HYKE)」がブランド初となるショーを自社ショールームで開いた。最終日には「ターク(TAAKK)」がヒカリエ会場通路をランウエイにするゲリラショーを行い、「ダブレット(DOUBLET)」はプロのモデルと、ストリートキャスティングでの一般人をモデルにした挑戦的なショーを見せた。

 3日間の来場者の装いでは、“肩落ち”トップスやスポーツの要素を取り入れたスタイルが人気。特に「アディダス(ADIDAS)」や「カッパ(KAPPA)」「アシックス(ASICS)」といったスポーツブランドのジャージーを取り入れた着こなしを多く見かけた。加えて、「ビューティフルピープル(BEAUTIFUL PEOPLE)」や「ザラ(ZARA)」、古着などのライダースジャケットを主役にしたスタイルも多かった。

 また、会場には雑誌「セブンティーン(Seventeen)」の専属モデルを務める三吉彩花や昨年「メンズノンノ(MEN'S NON-NO)」専属モデルになった鈴木仁をはじめ、邦ロックバンドのlego big morlでベースを務めるヤマモトシンタロウ、スタイリストの橋本敦、モデルの柴田ひかり、Una、長澤メイなど、ブランドと親交の深い業界人が来場した。

最新号紹介

WWD JAPAN

“副業・複業を解禁せよ!” 多様な働き方の推進が急務

「WWDJAPAN」5月17日号は、「複業を解禁せよ! 多様な働き方」特集です。コロナ禍で働き方が見直される中、商業施設などが突然の休業に見舞われても副業を解禁できていない企業は多くあります。「WWDJAPAN」ユーザー2130人への働き方に関する意識調査を行ったところ、8割が「副業したい」と回答。本号では副業・複業のメリット、これからの働き方について考察します。

詳細/購入はこちら