ビジネス

「サタデーズNYC」がヘアスタイリング商品をローンチ

 ニューヨークの人気セレクトショップ「サタデーズ ニューヨークシティ(SATURDAYS NYC)」は3月初旬、ヘアスタイリング商品をローンチする。今夏までにはボディケアやシェービング商品も発売する予定だ。

 今回発売するのは、石油由来成分を含まない“ウェット ワックス(Wet Wax)”、“グルーミング クリーム(Grooming Cream)”、蜜ロウベースの“クレイ ポマード(Clay Pomade)”の3種類。全て米国産で、黒いパッケージが特徴。価格は50mLで2700円で、米国の全店舗および公式サイト、他国の一部の店舗で取り扱う。

 コリン・タンストール(Colin Tunstall)共同創業者は「『サタデーズ』ブランドは昔から人々の生活に根ざしてきた。ヘアスタイリング市場に進出するのは前から楽しみにしていたことだ」とコメント。モーガン・コレット(Morgan Collett)共同創設者は「われわれはこれらの商品を作るのに2年の歳月をかけた。ヘアケアやボディケア、シェービング商品をローンチするのは自然な流れだった」と話した。

 「サタデーズ ニューヨーク シティ」は2009年にニューヨーク・ソーホーで創業。現在はマンハッタンに2店舗、オーストラリアに2店舗構える。日本では代官山、神戸、大阪、名古屋、阪急メンズ東京に出店している。また、コレット(COLETTE)やミスターポーター(MR PORTER)、バーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)などにメンズのコレクションを卸している他、オリジナルのコーヒーや雑誌も手掛けている。

【関連記事】
■今売れているのはハンドクリームにもなるヘアワックス
■人気ヘアサロン「オーシャントーキョー」がヘアワックスを初プロデュース

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。