ファッション

「サルバム」「アンブッシュ」が17年LVMH賞セミファイナリストに

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENESSEY LOUIS VUITTON以下、LVMH)は、若手を支援するために創設したLVMHヤング ファッション デザイナー プライズの2017年セミファイナリスト21組を発表した。日本から「サルバム(SULVAM)」の藤田哲平、「アンブッシュ(AMBUSH)」を手掛けるVERBALとYOON、セントマーチン美術大学の卒業生で先月初めて自身のメンズブランド「コザブロウ(KOZABURO)」の単独プレゼンテーションを発表した赤坂コザブロウ(コピ)が選出された。今年はメンズウエアデザイナーが10人、ウィメンズウエアデザイナーが9人、ユニセックスデザイナーが2人選ばれた。

 グランプリを獲得したデザイナーは30万ユーロ(約3570万円)およびLVMHのエキスパートからのコーチングを1年間受ける。セミファイナリストはパリ・ファッション・ウイーク期間中の3月2日と3日に、LVMHの本社で作品を発表する。ファイナリストからグランプリを選出する審査員は、今年はマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)「ディオール(DIOR)」アーティスティック・ディレクターやカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)の他、ケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)らが務める。

【関連記事】
■2016年LVMHプライズのグランプリは25歳のグレース・ウェールズ・ボナーが受賞 特別賞は19歳のデザイナー

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら