ファッション

急増する“もこもこアウター”の「ドフラミンゴ系女子」とは

 今、SNSで話題のワードが「ドフラミンゴ系女子」だ。集英社が発行する少年漫画ONE PIECEの作中に登場する短めの金髪にサングラスを掛け、フラミンゴの羽のようなコートを着用したキャラクター、ドンキホーテ・ドフラミンゴに由来するもの。このキャラクターのコートに似たプードルコートなどの、フェイクファーやボア、リング素材の“もこもこアウター”を着用した女性をいつからか「ドフラミンゴ系女子」と呼ぶようになっている。なお、Twitterでは関連ツイートが1万リツイート、Instagramでは関連投稿が700を超えている。

 「ドフラミンゴ系女子」に欠かせないアイテムのプードルコートは、韓国で一足先に「豪華に見える」「着膨れせず防寒にも優れた可愛いアイテム」として若い女性の間でヒット。さらにモデルやインフルエンサー、ショップ店員らが着用し、それに注目したウィゴー(WEGO)などの小売店が取り扱いを開始したことで昨年末からじわじわと話題になり、ブームが起こったと見られる。

 実際、渋谷や原宿ではピンク、ブラック、ブラウンといった様々な「ドフラミンゴ系女子」を発見。話を聞くと「あくまで流行を取り入れたファッションとして楽しんでいる」と話し、「ドフラミンゴに憧れたから」という声を聞くことはできなかった。

【関連記事】
2017年春夏、注目の東京デザイナーズブランドは?
2017年、ビジネスシーンで取り入れたい色は?
2017年のトレンドカラー発表 来年は自然を連想させるカラー

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら