ファッション

ゲストリストが「リーバイス」と契約 セレクトショップに卸売り販売

 デニムブランド「レッドカード」などの卸売り事業を手掛けるゲストリスト(東京、村上拓也・社長)は、リーバイ・ストラウス ジャパン(以下、リーバイス)と卸売り販売代行業務契約を結んだ。2月1日からリーバイス製品の取り扱いを始める。ゲストリストは強いネットワークを持つセレクトショップなどの販路に、「リーバイス ビンテージクロージング」などの高価格ラインを中心に「リーバイス501」などの定番品まで含めた商品群を売り込む。

 ゲストリストはセレクトショップや百貨店での別注モデルやコーナー展開、ポップアップショップの演出など、ブランディングにまで踏み込んだ卸売り事業を得意としている。リーバイスはゲストリストのきめ細かい提案力を生かすかたちで、新しい顧客との接点を広げたい考えだ。

【関連記事】
リーバイスとグーグルが共同開発 次世代のデニムJKを2017年春に販売
ユニクロがLAに「デニムの研究・開発センター」設立

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。