フォーカス

インフルエンサー事業を「スピリット」が改革

 インスタグラムやツイッターなどSNSを通じたマーケティングやコミュニケーションに注目が集まっている。情報発信力や影響力を持つ個人を“インフルエンサー”と呼ぶことも定着し、いかに彼女・彼らを活用するかが企業・ブランドの課題になっている。

 そんな中、登録インフルエンサーを約1万8000人抱え、企業・ブランドとのマッチングを行う“インフルエンサープラットフォームサービス”「スピリット」では、利用企業数が400社を超え、ファッションやビューティ企業の利用も増加中だという。

 運営するリデルは、芸能事務所兼マーケティング会社のツインプラネットが2014年10月に設立。今年11月にツインプラネット共同代表だった福田晃一・社長がMBOをする形で独立。「スピリット」プロデューサーに双子タレントの広海深海の広海を迎え入れるなど、体制を強化している。