ファッション

「エンジニアド ガーメンツ」アシスタントが新ブランド

 ネペンテスは「エンジニアド ガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)」で鈴木大器デザイナーのアシスタントを務める宮本健太による新ブランド「エーアイイー(AiE)」を、2017年春夏シーズンに始動する。

 デビューコレクションは80~90年代のブリティッシュ、スケート、パンクの要素を融合したストリートウエアで、英国風のタータンチェックや、コットン、レーヨン、シルク、ポプリンなどのあらゆる素材をストリートテイストに落とし込む。またスケート中に服が風で膨らんだようなシルエットなど、デザイナー自身が「こんなウエアをまとったスケーターがいたらいいな」というイメージがコレクションの随所に盛り込まれている。

 価格帯はアウター3万3000円、シャツ2万2000~3万1000円、パンツ2万8000円などで、全国のネペンテスやセレクトショップで2月に販売を予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら