ニュース

「エンジニアド ガーメンツ」アシスタントが新ブランド

 ネペンテスは「エンジニアド ガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)」で鈴木大器デザイナーのアシスタントを務める宮本健太による新ブランド「エーアイイー(AiE)」を、2017年春夏シーズンに始動する。

 デビューコレクションは80~90年代のブリティッシュ、スケート、パンクの要素を融合したストリートウエアで、英国風のタータンチェックや、コットン、レーヨン、シルク、ポプリンなどのあらゆる素材をストリートテイストに落とし込む。またスケート中に服が風で膨らんだようなシルエットなど、デザイナー自身が「こんなウエアをまとったスケーターがいたらいいな」というイメージがコレクションの随所に盛り込まれている。

 価格帯はアウター3万3000円、シャツ2万2000~3万1000円、パンツ2万8000円などで、全国のネペンテスやセレクトショップで2月に販売を予定。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら