フォーカス

知る人ぞ知るロシアの注目ブランド「ニナ ドニス」に迫る

 「ニナ ドニス」は、構成主義やシュプレマティスム(ロシアで芽生えた抽象性を徹底した絵画の一形態)といったロシアの芸術運動を想起させるグラフィカルな柄を得意とする。ロシアや旧ソ連のカルチャーを感じさせるデザインが特徴のブランドだ。2000年設立とロシアブランドの中では比較的早くから活動している、知る人ぞ知る存在でもある。17年春夏は、夏、ライトネス、リラクゼーション、カラフル、トランスペアレントといったキーワードからイメージを広げ、ピュアコットンをベースにコレクションを構成。柔らかくボリューム感のあるシルエットがポイントで、一部のアイテムにはフォークロアの要素を加えている。価格帯は、220~2500ユーロ(約2万6100〜29万7500円)だ。

WWDジャパン(以下、WWD):2人が一緒に活動をすることになった経緯は?

ニナ・ネレティーナとドニス・ポピス(以下、ニナとドニス):モスクワのテキスタイル・アカデミー在学時からの知り合いで、卒業制作に一緒に取り組むなど、デュオとしての活動してきた。お互いにサポートし、刺激し合うという二人の役割は今も変わっていない。

WWD:ブランドを始めたきっかけは?

ニナとドニス:ドニスはキプロス島出身だが、アカデミー卒業後もロシアに残って、一緒に服作りに続けた。当時はペレストロイカの真っ只中で、変化が人々に希望とインスピレーションを与えたユーフォリアの時代だった。ブランドを立ち上げることが目標だったから、それに向けて準備をした。

WWD:デザインコンセプトやフィロソフィーは?

ニナとドニス:決まったルールやコンセプトはないけれど、いい結果が出せるよう、諦めずに挑戦し続けることで、モノ作りやデザインに一貫性を持たせている。時代が変わればルールも変わるし、不可能なことはない。ファッションを通して、その時に面白いと思ったことを自由に表現したい。