ファッション

東欧&ロシア時代到来 東京ではリステアをチェック

 デムナ・ヴァザリアやゴーシャ・ラブチンスキーの東欧・ロシアのブランドが注目を集めているが、日本で買い付けている店はまだまだ少ない。そんな中2017年春夏シーズン、多くの東欧・ロシアブランドを買い付けたのがリステアだ。柴田麻衣子クリエイティブ・ディレクターに東欧・ロシアの魅力とオススメブランドを聞いた。

“ストリート感があっても、オトナが着られるところが魅力”

 「最近『どこのお店に行っても同じものしかない』と耳にすることが多く、違う国や違うことに目を向けないと思い、他店でも取り扱いが多いブランドから入れ替えようと新規を増やした。東欧やロシアのブランドは、ストリートの雰囲気がありながらオトナが着られるものが多く、たまたま多くなった。『やってやりたい感』があり、元気なブランドが多い。雑誌よりも、SNSやストリートの方がパワフルで、影響力のある人が着ると広がっていく感じも面白い。ヴィカ・ガジンスカヤやマグダ・ブトリムらべっぴんデザイナー本人が広告塔になっているケースも多く、フォトジェニックな洋服が豊富。ロシア勢を筆頭に高額なブランドが多かったが、近年はマーケットが成長してきたのかコンテンポラリーブランドも増えた」。