ニュース

JR名古屋高島屋の初売りは1万人行列

 JR名古屋高島屋は1月2日、初売りとクリアランスセールをスタートした。当日は名古屋駅コンコースが開く午前4時から買い物客が集まり、中央、南入口、2階中央入口に昨年とほぼ同じ約1万人が行列を作った。同店は、予定していた9時30分より20分早い9時10分に開店した。

 開店前、列の前方に並んでいた三重県在住の20代女性2人組は「JR名古屋高島屋の初売りには毎年来ていて、今朝は5時から並んでいる。『ジョンマスターオーガニック』の福袋が目当て」と話した。同店が注力する3階の化粧品売り場では、「サボン」「ロクシタン」「ラデュレ」などの福袋が開店後1時間以内に完売。4階、5階の婦人服売り場では、「ジェラート ピケ」「ルーニィ」「ミラ オーウェン」などの店舗が特に多くの女性でにぎわった。

 初売りの目玉である福袋は、昨年より3000袋多い約4万袋を用意。今年4月1日に名古屋市港区にオープンする「レゴランド・ジャパン」の年間パスポートや、開業前のプレビューに参加できるチケットが入った「レゴランド・ジャパン プレミアム福袋」(8万円)や、「タグ・ホイヤー」の時計と、スタイリストのコーディネートアドバイス付きの店内ショッピング体験、レストランディナーなどをセットにした「タグ・ホイヤー&メンズファッションスタイル福袋」(70万円)など、体験型福袋も豊富にそろえた。

 なおJR東海は、4月17日に「JRセントラルタワーズ」隣に「タカシマヤ ゲートタワーモール」の開業を控えている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら