ファッション

「コディ サンダーソン」からゴールドラインが登場

 アクセサリーブランド「コディ サンダーソン(CODY SANDERSON)」が、人気のシルバーラインに加え、新たにゴールドライン「コディ サンダーソン ゴールド(CODY SANDERSON GOLD)」を発売する。18Kのカフ、リング、ペンダント、イヤリングを始め、ダイヤモンド入りシルバーとのコンビデザインを発売する。価格帯はペンダントが5万~7万円、イヤリングが7万~18万円、リングが12万~230万円、カフが100万~530万円など。

 ローンチに伴い、新ライン初の期間限定ポップアップイベントを12月16~25日までユナイテッドアローズ&サンズ原宿店で行う。コディ・サンダーソンは、18日14時~17時に来店予定。

 「コディ サンダーソン」は、米国ニューメキシコ出身のコディ・サンダーソンが2001年にスタートしたブランド。伝統的なインディアンジュエリーの製法を踏襲しつつも、モダンなモチーフやデザインを取り入れた。コディ本人がほぼ全ての工程を手掛けており、いわば1点しか存在しないジュエリーとして人気を博している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら