紙面紹介

2017年春夏 ヘア&メイクトレンド総まとめ

 「WWDビューティ」12月8日号は、「2017年春夏 ヘア&メイクトレンド特集」です。NY、ロンドン、ミラノ、パリのコレクションで見られたヘアメイクを分析し、アイ、アイブロウ、リップ、フェース、ヘアとカテゴリー別にトレンドを紹介。撮影やショーで活躍しそうなエッジの効いたヘアメイクからすぐにリアルに落とし込めそうなものまで、17年春夏のヘアメイクを提案する上で役立つ一冊です。

 ここ数シーズン、モデルが多様化し、一つのショーで同じヘアメイクではなく、バリエーションを見せたり、モデルの個性を生かしたヘアメイクが多く見られるようになりました。そうした流れでの中、今春夏一番の注目はカラフルなアイメイクです。大胆なアイシャドウやパステルカラーを中心に2色以上のマルチカラー使いのアイメイクも多く、新鮮な色の組み合わせが楽しめるシーズンです。

 ファッション誌を中心に活躍する津田雅世メイクアップアーティスト、DAKUZAKUメイクアップアーティスト、小戸紀代子ヘアスタイリスト、柳亜矢子ヘア&メイクアップアーティストの4人に17年春夏のヘアメイクの傾向とその中で気になるトレンドを聞いています。また、小戸ヘアスタイリストには、自身が担当した「ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン(JUNYA WATANABE COMME DES GARCONS)」のヘア作りについても語ってもらいました。

 ニュース面では、不正アクセスによって42万人の顧客情報が流出した可能性がある資生堂子会社イプサについて取り上げます。12月2日に行われた記者会見の内容や、サイバー攻撃判明から現在までの経緯、今後の対応について紹介します。また、そごう・西武が9月から順次開始している、郊外型11店舗を対象にした新サービス「e.コスメステーション」の戦略などをお届けします。

 2017年春の新作メイクアップコレクションからは、「アディクション(ADDICTION)」「THREE」「キッカ(CHICCA)」「RMK」の各メイクアップアーティストに聞いた、新製品やランウエイとマス市場の関係、トレンドについて紹介します。ビューティパトロールでは、NHK連続テレビ小説の出演や「ゼクシイ」のCMガールに選ばれ、今年大ブレイクした若手女優・吉岡里帆にフォーカス。美容やファッションのこだわり、今後の夢について語ってもらいました。

CONTENTS

IN FOCUS
2017 S/S BEAUTY TREND パステル&マルチカラーで遊ぶシーズン到来

THE NEWS
資生堂子会社のイプサに不正アクセス 42万人の顧客情報流出のおそれ
そごう・西武 郊外店舗対象の新サービス「e.コスメステーション」展開
ポーラ「B.A」のベースメイク一新
オープニング セレモニー 韓国コスメを試験販売
「セルジュ・ルタンス」がデジタル施策強化
インアゴーラがタオバオグローバル(淘宝全球購)と業務提携
2017年春夏メイクトレンドを解説 豊田健治/バーバリー メイクアップアーティスト
パリ初の“ビスポーク”スタイルのビオコスメ「ホイヘンス」が表参道に初の路面店をオープン
資生堂が経営の高度化で組織改正
ローズ ド マラケシュ 食べるアルガンオイルと美容液発売

TOPICS FASHION
今週のWWDジャパンから、注目のファッション業界のニュースをお届け!
千葉市中心市街地に空洞化の懸念 千葉パルコ、三越千葉店が閉店
17年春の新作キーワードは「個性」「抜け感」

SAKURAのモード論vol.9 新たなチャレンジ?リアルビューティ

海外Beauty通信 インド編
VOL.117 インドの伝統アクセサリー トゥリングとアンクレット

HIT RANKING
伊勢丹新宿本店で売れている「フェースクリーム」TOP5
アットコスメストア・TSUTAYA EBISU店で売れている「ボディーケア」TOP5
編集部が選ぶ新製品情報
春の新作カラーコスメを紹介

BEAUTY PATROL
ドラマやCMに出演し、大ブレイク
2017年も要注目 若手女優・吉岡里帆

WEEKLY SCHEDULE 12/8~12/14

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら