ビジネス

YKKが4期振りの減収減益、世界的なアパレル市況低迷で 4~9月期

 YKK・ファスニング事業の4~9月決算は、売上高が前年同期比15.2%減の1495億円、営業利益が同19.7%減の286億円になり、4期ぶりの減収減益になった。この数年同社はファストファッションや量販店向けの低価格ゾーンへの積極的な拡販により、2017年度にファスナーの年間販売100億本を計画。期初には増収増益の計画を立てていたものの、想定以上の円高と世界的な衣料市況の低迷が直撃した。円高による為替換算差で海外子会社の売り上げ・利益の数字が目減りしているため、換算前の現地通貨ベースでは売上高が前年比1%減、営業利益が8%減になる。ただ、世界的な衣料市況の低迷の影響も大きいようで、同社によると「米国ではアパレルの流通在庫が高止まりになるなど、中国と米国のアパレル市場が想定以上に低迷した。先行して積極的な設備投資も行っており、数量ベースの販売減が利益を削った」という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら