ニュース

伊藤忠・繊維は市況低迷を受け、25.9%減の純利益120億円 16年4〜9月期

 伊藤忠商事・繊維カンパニー連結(国際会計基準)は、2016年4〜9月期の純利益が前年同期比25.9%減の120億円になった。減益の主な要因は、前期で計上した中国関連会社の一過性利益の反動減。前年から約2.2倍増を計画する通期の純利益330億円(前期は同145億円)は、上期での進捗率が36%にとどまったものの、小関秀一・伊藤忠商事繊維カンパニープレジデントは「進捗率は計画通り。基礎収益として純利益300億円を出せるところまでは来ている」として据え置いた。

 売上高にあたる収益は同10.5%減の2550億円、売上総利益は同3.9%減の674億円だった。国内の衣料市況が低迷する中で、婦人服のジャヴァホールディングスなど事業子会社が苦戦した。だが「前期に減損を実施した上、今期は経費の抑制などで、立て直しの目途は立ちつつある」という。主要子会社では紳士服のジョイックスコーポレーションと中国子会社の伊藤忠繊維貿易(中国)が減益。服飾資材卸大手の三景、エドウイン、コンバースフットウェアなどが増益だった。