ファッション

「モエ」が今年もミッドタウンで映画を上映 「プラダを着た悪魔」など

 東京ミッドタウンは今年も、モエ・エ・シャンドンの協賛を得て、敷地内の芝生広場で映画上映会「モエ ミッドパーク シネマ(MOET MIDPARK CINEMA)」を開催する。期間は9月16〜19日、22〜25日の8日間。

 今年は、「華麗なるギャツビー」「コードネーム U.N.C.L.E.」「NINE」「プラダを着た悪魔」の計4作品を上映する。料金は無料で、定員は先着100人。映画とともに楽しむ“モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル”のミニボトル「ミニ モエ」(200ml)をふるまう。また、東京ミッドタウンは10月2日まで、ザ・リッツ・カールトン東京が監修するメニューをシャンパンとともに屋外で楽しむミッドタウン ラウンジも開催している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら