ファッション

日本イタリア国交150周年 第55回ミラノサローネ国際家具見本市と第21回ミラノ・トリエンナーレ国際博覧会が開催

今年は日本とイタリアが修好通商条約を締結し150周年だ。周年を記念し、さまざまなイベントなどが予定されている。世界最大級デザインの祭典である第55回ミラノサローネ国際家具見本市(MILAN SALONE以下、ミラノサローネ)は4月12〜17日まで開催。ミラノサローネの層出展者数は2310社。平日160カ国から30万人以上の業界関係者を、土日の一般開放日には3万人以上の来場を見込んでいる。今年は、隔年開催のエウロクチーナ(EURO CUCINAキッチン関連見本市)とサローネ国際バスルーム見本市が開催。また、ラグジュアリー・ブランドを集めた新部門「エックスラックス(XLUX)」が登場し、「フェンディ(FENDI)」「ロベルト カヴァリ(ROBERTO CAVALLI)」「ヴェルサーチ(VERSACE)」などが出展する。
また、20年振りに第21回ミラノ・トリエンナーレ国際博覧会(MILAN TRIENNALE以下、トリエンナーレ)が4月2日に幕を開ける。テーマは「21世紀デザイン・アフター・デザイン」。ジオ・ポンティやエットレ・ソットサスなどインテリア・デザインにおける歴代の巨匠らの作品や、さまざまな建築家によってデザインされた部屋などを展示する。会期は9月12日まで。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。