ファッション

パリコレ開幕!「セドリック シャルリエ」2014-15年秋冬パリ クロコやパイソンの形や柄で遊ぶ

 2014-15秋冬パリ・コレクションが24日、開幕した。3月5日までに公式スケジュールだけで約100のブランドがショーやプレゼンテーションを発表する。

 

 初日の24日は、若手ブランドのショーがメインで、モノトーンの色使いや、メンズライクなテーラード、スポーツウエアをベースに部分的にパターンを崩して遊ぶデザインが目立った。

 

 秀逸なパターンによる着た時のシルエットの美しさに定評のある「セドリック シャルリエ(CEDRIC CHARLIER)」は今シーズン、クロコダイルやパイソンといった爬虫類からインスピレーションを得てこれまでより少し逞しい印象に。とはいっても爬虫類のリアルレザーを使うのではなく、クロコダイルの脚の形、ウロコの模様といった"見た目"に着想を得てパターンやプリント、織りに取り入れている。深みのあるグリーンやブルーグレーがキーカラーなのはそのためだ。

 

 メンズライクなオーバーサイズのコートは、アームホールを広く採り袖は太くたくましい。カシミアコートの背中にはグラデーション染めでクロコダイルの背中の模様を施している。模様はプリントだけではなく、うろこ状に編んだ立体的なニットのトップスや、部分的に大きな穴を開けたファージャケットでも表現。スカートは裾を尻尾のように変形させている。ともすればゴツイ印象になる着想現だが、テーマはあくまでお遊び。仕上がりはあくまでエレガント且つフェミニンなところに実力を見る。

 


セドリック シャルリエ?2014-15年秋冬コレクション 全ルック

2014-15年秋冬パリ・コレクション関連記事

2014-15年秋冬パリ・コレクション スケジュール

?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。