ファッション

究極のシルクをテーマに「コトゥー」が伊勢丹新宿店で期間限定ストアをオープン 

 三陽商会の婦人服ブランド「コトゥー(COTOO)」は、3月2?8日の期間限定で、伊勢丹新宿店本館4階に店舗をオープンする。期間中は「究極のシルク」をテーマに、日本の伝統・文化に根ざしたシルクを使った伊勢丹限定のドレスやスカートなどの商品を販売し、美術織物の老舗・京都西陣「龍村美術織物」とコラボレーションしたドレスも販売する。また、フラワーアーティストの神坂麻衣子氏を迎え、コサージュのカスタムオーダー会を開催する他、林秀三「コトゥー」クリエイティブディレクターが自らブランドの魅力や限定商品の着こなしを伝えるイベントも開催する。

 「コトゥー」は2007年秋から販売を開始し、現在は全国百貨店14店舗とオンラインの「サンヨー・アイストア」で取り扱いがある。商品の大半は、織物産地の尾州や桐生の織物メーカーと共同開発した独自素材を用いている。

■「コトゥー」期間限定ストア
3月2?8日
伊勢丹新宿店 本館4階=センターパーク/ザ・ステージ#4

【イベント】3月2日、3月6日 13:00?16:00
�@コサージュ カスタムオーダー会
�A林秀三クリエイティブディレクターのコンサルタント

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら