ファッション

コンバースジャパンとメルローズが協業 新ブランド「コンバース トウキョウ」始動

 コンバースジャパンは今秋、メルローズと協業した新ブランド「コンバース トウキョウ(CONVERSE TOKYO)」をスタートする。"ファッションにこだわりを持ち、自身のライフスタイルを大切にする20?40代の男女"をターゲットにウィメンズとメンズの定番のカジュアルウエアを提案する。9月に東京・青山みゆき通りに路面店を開く。

 アイテムは、デニムやカットソー、ジャケット、スエット、帽子、バッグなど約100型をラインナップ。また、岡山県産のデニムや今治タオルのベンチタオルなど国産にこだわった商品をはじめ、東京のクリエイターとコラボレーションしたファッション雑貨などをそろえる。デザインは、シンプルな無地ものから、コンバースのアイコンである星をモチーフにしたもの、"CONVERSE TOKYO"のロゴを入れたトップスなど大人も取り入れやすいベーシックなもの。

 価格帯は、Tシャツが4800〜1万2000円、シャツが1万2000〜2万3000円、ニットが1万2000〜3万6000円、デニムが1万4000〜3万8000円、トレーナー・パーカーが1万1000〜2万6000円、コートが2万5000〜7万8000円、レザーウエアが7万8000〜18万円。

 なお、コンバースジャパンは伊藤忠商事と美濃屋合弁会社コンバースアパレルや、ゼットのスポーツウエアの「コンバース」などでライセンス契約のウエアを販売している。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら