ファッション

本人が登場しないマルジェラの半生を描くドキュメンタリー公開

 マルタン・マルジェラの短編ドキュメンタリー映画「ザ・アーティスト・イズ・アブセント」が2015年トライベッカ映画祭で上映された。アリソン・チャーニックが監督を務め、ユークス・グループが製作した。

 10分強の映像の中には、彼がアントワープ王立芸術学院で過ごした日々から09年に自身のブランド「メゾン マルタン マルジェラ」を去るまでのデザイナー人生が描かれている。

 謎に包まれたデザイナーとして有名なマルジェラは同作品にも直接登場しないが、ランウエイの映像や親しい人たちのインタビューが彼の姿を映し出している。「マルジェラはすぐOKサインを出してくれた。私にはそれで十分だった」とチャーニック監督は話す。インタビューにはラフ・シモンズやジャンポール・ゴルチエ、キュレーターのオリヴイエ・サイヤール、スージー・メンケスらが登場する。

 映画には、マルジェラの母親がかつてビンテージ家具を買っては分解していたことが明かされるなど、マルジェラ特有のアバンギャルドなセンスのルーツが垣間見えるシーンも。チャーニック監督は彼の沈黙に関して、「沈黙がストーリーを生み出し、彼の作品にも新たな面を加える」と語る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら