ファッション

本人が登場しないマルジェラの半生を描くドキュメンタリー公開

 マルタン・マルジェラの短編ドキュメンタリー映画「ザ・アーティスト・イズ・アブセント」が2015年トライベッカ映画祭で上映された。アリソン・チャーニックが監督を務め、ユークス・グループが製作した。

 10分強の映像の中には、彼がアントワープ王立芸術学院で過ごした日々から09年に自身のブランド「メゾン マルタン マルジェラ」を去るまでのデザイナー人生が描かれている。

 謎に包まれたデザイナーとして有名なマルジェラは同作品にも直接登場しないが、ランウエイの映像や親しい人たちのインタビューが彼の姿を映し出している。「マルジェラはすぐOKサインを出してくれた。私にはそれで十分だった」とチャーニック監督は話す。インタビューにはラフ・シモンズやジャンポール・ゴルチエ、キュレーターのオリヴイエ・サイヤール、スージー・メンケスらが登場する。

 映画には、マルジェラの母親がかつてビンテージ家具を買っては分解していたことが明かされるなど、マルジェラ特有のアバンギャルドなセンスのルーツが垣間見えるシーンも。チャーニック監督は彼の沈黙に関して、「沈黙がストーリーを生み出し、彼の作品にも新たな面を加える」と語る。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら