ファッション

ドナテラ・ヴェルサーチらがエイズのキャンペーンモデルに許可なく起用され激怒

 6月8〜12日に開催予定のイタリアのチャリティーイベント、「コンヴィーヴィオ(CONVIVIO)」はエイズ(AIDS)の認知度を上げるキャンペーンビジュアルのモデルに許可なくドネテラ・ヴェルサーチ(Donatella Versace)とフランカ・ソッツァー二(Franca Sozzani)伊「ヴォーグ(VOGUE)」編集長を起用し、非難を受けている。ビジュアルは2人のポートレートに、大きく「AIDSはファッショナブルだ」のスローガンが書かれている。コンヴィーヴィオはこのキャンペーンを通して、イタリアに12万人がHIVに感染し、毎年4000人が新たに発症している現状を知ってもらうことが目的だという。

 許可なく自身の写真が使用されたドナテラは自身のツイッター上で「私の顔と共に『AIDSはファッショナブルだ』といったキャッチフレーズを載せたキャンペーンに参加することを1回も認めていない。私は真剣にエイズ と向き合っており、そもそもより適切な言葉を選ぶわ」と怒りを示した。また、ステファノ・ガッバーナ(Stefano Gabbana)はインスタグラム上で「誰がこんなキャッチフレーズを考えたのか!?エイズ がファッショナブルだと?それならばガンもファッショナブルだと言っているのと同じ。信じられない!」とコメントした。

 コンヴィーヴィオはガッバーナに対し、「残念ながら エイズ はファッショナブルなのだ。やっと誰かが声を出した」と返答し、今後ガッバーナはエイズ 患者を支援する団体、ANLAIDSに直接問い合わせるように求めた。また、このキャンペーンがなければエイズ が死に至る病であることも誰も知らなかった、と主張した。

 これに対してガッバーナは「私はこのキャンペーンを絶対にシェアしない。エイズ に苦しみ、このキャンペーンを恐ろしく思っている人をたくさん知っている」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら