ファッション

「ディースクエアード」2014-15年秋冬ミラノ・メンズ アルカトラズの囚人って意外にオシャレさんだった!?

 舞台は凶悪犯中の凶悪犯が収容されるという、脱獄不可能な刑務所アルカトラズ。「ディースクエアード(DSQUARED2)」の2014-15年秋冬メンズは、そこでストレスや有り余った力を発散させることができず、ただひたすらに筋トレを繰り返しているような男性像を思い描いている。

 とは言え、凶悪犯のスタイルは、意外にもフォーマルでドレッシーだ。ボルドーを基調としたフォーマルに、違和感さえ覚えるほど鮮やかなオレンジで作るワークウエアのコンビネーション。もちろん、後者は刑務所内の作業着にインスパイアされたものだ。

 コレクションは、キルティングのMA-1風ブルゾンやスナップボタンの半そでシャツなどを差し込みつつ、Aラインやコクーンシルエットのダッフルコートやチェスターコートなどを主役に。「ディースクエアード」らしい、デニム袖のチェスターコートもある。それらはいずれもトレンディなビッグボリュームで、肉厚でムースのような見た目のメルトンや中綿入りの高密度ナイロンのようなハリのある生地がフォルムの形成に一役買っている。ハリのある素材と言えば、「CATEN PENITENTIARY(ケイティンのムショ)」という文字をのせたスウェットも超コンパクト丈ながらボリュームシルエット。クッションの深いクロップド丈のパンツや、腰履きするテーパードデニムとスタイリングしている。

ディースクエアード?2014-15年秋冬ミラノ・メンズ 全ルック

2014-15年秋冬ミラノ・メンズ 関連記事一覧

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッションで明るい世界を描こう 2022年春夏メンズ&21-22年秋冬オートクチュール特集

「WWDJAPAN」8月2・9日の合併号は、2022年春夏メンズ&2021-22年秋冬オートクチュールコレクション特集です。メンズでは、リアルショーを行った「ジョルジョ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ディオール(DIOR)」の現地取材に加え、デジタル発表でインパクトを残した「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」など…

詳細/購入はこちら