ニュース

ECアパレル専業の夢展望が、「ライザップ」「馬里邑」の健康コーポレーションの子会社に

 EC専業アパレルの夢展望は、ダイエットジム「ライザップ」やシニア向けのアパレルブランド「馬里邑(まりむら)」を展開する健康コーポレーションと資本業務提携契約を締結した。3月31日付で7億4880万円を投じ、全株式の73.54%を取得。健康コーポレーションは第三者割当増資を引き受け、子会社化した。

 夢展望はガールズ系を中心に、ECに特化したファッションブランドを展開してきたが、トレンド変化に伴い、収益が悪化。2015年3月期の営業損失が5億1700万円(前期は7億5100万円の赤字)、経常損失が5億8000万円(同7億9000万円の赤字)、純損失が8億300万円(同9億800万円の赤字)と2期連続の赤字に陥る見通しで、債務超過に陥る恐れが出ていた。同社の岡隆宏社長は子会社化後も経営に留まる。

 ダイエットジム「ライザップ」で一躍有名になった健康コーポレーションは、健康や美容グッズなどで知られ、2012年にはマタニティウエアのアンジェリーべを買収し、アパレル分野に参入。その後も13年にシニア向けの老舗ブランド「馬里邑(まりむら)」、14年にガールズ系ブランドを展開するアンティローザを買収するなど、アパレル分野を拡大していた。