ファッション

【速報!】600億円のクール・ジャパンファンドの社長に、松屋の太田伸之・常務執行役員

 経済産業省は国が500億円を出資するクール・ジャパンファンド(クール・ジャパン推進機構)の社長に、松屋の太田伸之・常務執行役員が内定したと発表した。ファッションやアニメ、食などの海外展開を支援する同ファンドの社長候補には、大手流通企業のトップなどが候補に挙がっていたが、「国内外で幅広いネットワークがあり、ビジネス経験が豊富なことが決め手になった」(経済産業省)という。

 クール・ジャパンファンドは国が500億円、民間が100億円を出資する官民ファンドで、ファッションやアニメなどのコンテンツの海外市場の開拓のため、大型の商業施設の開発やM&Aなどを支援するもの。会長には三菱商事出身で、スカパーなどの立ち上げを指揮しM、フジ・メディア・ホールディングス常務を務めた飯島一暢(いいじま・かずのぶ)サンケイビル社長が就任する。

 太田伸之(おおた・のぶゆき)1953年生まれ、三重県出身。1985年に東京ファッションデザイナー協議会(CFD)に設立、その後2000年にイッセイミヤケ社長を経て、2011年から松屋の常務執行役員MD戦略室長に就任していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら