ニュース

「ライザップ」が4℃傘下の婦人服SPAを買収 

 パーソナルトレーニングジム「ライザップ」を運営する健康コーポレーションは11日、ヨンドシーホールディングス傘下の婦人服SPAの三鈴(東京、榊原真二・社長)の全株式を今月下旬をメドに取得すると発表した。買収金額は未発表。三鈴は1970年設立の婦人服専門店で、2008年からジュエリーブランド「4℃」で知られるヨンドシーの傘下に入った。都心のファッションビルや郊外のショッピングモールで主力ブランド「ルゥデルゥ」などを展開。だが近年は不振が続き、16年2月期には11店を閉鎖し、売上高は47億8700万円(前期比90.9%)、営業損益は8600万円の赤字だった。

 健康コーポレーションはアパレルや雑貨事業にも力を入れており、アンティローザ、馬里邑、イデアインターナショナルなどを傘下に持つ。昨年3月には、アパレルECの夢展望も買収した。さらに先月には、雑誌「漫画ゴラク」や実用書を出版する日本文芸社をアサツーディ・ケイから20億円で買収すると発表して話題になった。