ニュース

エイ・ネットが「スナオクワハラ」の販売終了

 エイ・ネットの「スナオクワハラ(SUNAOKUWAHARA)」は、2015年春夏シーズンでブランドを終了する。旗艦店だった「スナオクワハラ」代官山店は3月20日、すでに同社の「カバン ド ズッカ」代官山店に変わっている。単独のインショップ12店舗も順次クローズする予定だ。

 デザイナーの桑原直は1989年 、三宅デザイン事務所入社。94年、同社の「アイエス(I.S.)」のチーフデザイナーになり、ブランド名を「I.S. スナオクワハラ」に変更した。96年にエイ・ネットへ移籍。2003年春夏シーズンにブランド名を「スナオクワハラ」に変更した。桑原は今後、自身のデザイン事務所を立ち上げ、デザイン活動を継続していく。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら