ビューティ

セレブファンも多い台湾発フレグランス「クロワーパンド」が上陸 “キスマーク”や“アフターセックス”の香りとは

台湾発フレグランス「クロワーパンド(KLOWER PANDOR)」が6月、日本へ上陸した。同ブランドは、2016年に設立。ブランド名の“パンド”は“パンドラの箱”からで、未知の香りに出合ってほしいという思いが込められている。台湾では、洗練された世界観と品質で人気が高い。アーティストのアーロン(Aaron)やチャン・ヨン(Chang Yong)がアンバサダーに就任。セレブからも支持されている。香水は、“パンドラ”シリーズと“ファーストタイム”シリーズの2種類。全て天然のエッセンシャルオイルを配合している。ルームディフューザーも展開。台湾のフレグランスメーカーであるスピーディングロケットが製造販売を手掛けており。日本では、化粧品製造販売企業のコンフォートプラスが輸入販売する。

シンプルなボトルと攻めた名前で台湾版「ノンフィクション」を目指せ

“パンドラ”はブランドを象徴するラインアップ。低温熟成技術で丸みのある持続性のある香りで、ダマスクローズが香る“1974 ノーブルミッドナイトローズ”や気品あるムスクとフローラルがミックスした“1908 コロニアルムスク”など5種類のオードパルファムがそろう。鍵のついたボトルが特徴だ。

“ファーストタイム”は、さりげなく軽やかに香るデイリーユースにぴったりのオードパルファム。バラとオレンジをミックスしたノスタルジックな香りの“1319 キスマーク”や噛みタバコを想起させるスパイシーな“1306 アフターセックス”など、攻めたネーミングの香りをそろえる。シンプルでスタイリッシュなボトルは、韓国発人気フレグランス「ノンフィクション(NONFICTION)」のよう。さりげなく香るジェンダーレスな香りと攻めたネーミングで注目を集めそうだ。

価格は、”パンドラ“が8800円(50mL)、”ファーストタイム“が6380円(50mL)、ルームディフューザーが5940円。期間限定で渋谷ロフト、銀座ロフトで販売するほか、1部プラザやアマゾンなどのECサイトで販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。