ファッション

壇蜜、今井華、浦浜アリサらが受賞!目もとの魅力的な女性を選ぶ「アイ・オブ・ ザ・イヤー2014」開催

 「スリー ビューティー(ThreeBeauty)」は、アイラッシュ、アイブロウ、アイメイク&ケアの"トータルアイデザイン(目もと)"をプロデュースするブランド、「ザ・コレクションアイズ」を立ち上げた。また、目もとが魅力的で印象的な女性に贈る「アイ・オブ・ザ・イヤー 2014」を開催。タレント部門で壇蜜、モデル部門で今井華、滝沢カレン、浦浜アリサを選出した。

 スリー ビューティーは、アイラッシュ、アイブロウ、アイメイク&ケアで構成したアイゾーンビューティのトータルコーディネートを提唱。これらに関連する多種多様な製品ラインアップを取り揃えるメーカーであると同時に、教育という立場で、美容室・サロンをサポートする他、ジャパンアイリストカレッジなどを運営する。「ザ・コレクションアイズ」は、厳選したサロンと提携し、「アイ・ゾーンをトータル的に捉え、ファッションと連動した独自の教育と商材を展開する」(下田とよみ・社長)というものだ。

 また、「アイ・オブ・ザ・イヤー 2014」の授賞式には受賞者が登場。壇蜜は、「受賞は、スタッフみんなのおかげ。こういった賞を取ることでスタッフの励みになれば」とコメント。アイメイクで気を付けていることは、「右のまつ毛が少し短いため、できるだけ左右が揃うようなメイクを心がけている」。モデル部門の3人もアイメイクで気を付けていることを披露。今井華は、「ギャルメイクは濃いのが普通。だから、疲れていても毎晩、しっかりやさしくクレンジングしている」。滝沢カレンは、「涙袋に薄めのアイシャドウで立体感を演出している」。浦浜アリサは、「クールな印象を与えてしまう目もと。だからアイメイクは引き算で。今日もブラックではなく、ブラウンを選んだ」。

■「アイ・オブ・ザ・イヤー 2014」
日時:2014年1月20日
場所:赤坂アプローズスクエア迎賓館

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら