ビューティ

パナソニックがナノケアドライヤーの“潤い技術”をストレートアイロンに搭載 使い続けることで滑らかな指通りをかなえる

パナソニックは、“ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0J”に搭載されている水分発生量18倍(同社調べ。以下、比較の数値は全て同様)の“高浸透ナノイー&ミネラル”を初めてストレートアイロンに搭載し、髪の内側まで潤う“深層うるおいトリートメント”を実現する“ストレートアイロン ナノケア EH-HN50”(3万5000円 ※編集部調べ)を発売した。

高浸透ナノイーを搭載することで、ナノサイズの水分がキューティクルの隙間から内部へ浸透し、使うたびに髪の内側まで潤う。艶値変化量約1.2倍、施術前後の毛髪のしなやかさ(柔らかさ)変化量は従来品(EH-HS0J)の2倍を実現する。

高浸透ナノイー&ミネラルが、傷んだキューティクル同士の密着性を高めることで、摩擦ダメージを抑え、枝毛や切れ毛の発生を低減。使い続けることで、滑らかな指通りをかなえる。ヒーターには同社最速(国内販売のストレートアイロンにおいて)のセンシング技術を搭載し、プレートの温度をスピーディに復帰させ、くせの伸びやまとまりの実感も向上。軽い力でもしっかり髪をつかめるスムースシルキープレートで、根元から毛先まで滑らかに伸ばすことができる。

近年、ストレートアイロンの高価格帯市場は成長している。同社「ナノケア(NANOCARE)」も発売以降、高いストレート性能がユーザーから高い評価を得て、直近3年間で販売台数約2倍と伸長している。そして従来価値に加え、より高い髪ケア効果を求める顧客の声を受け、同商品の開発に至ったという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。