ビジネス

原宿に東急不動産「ハラカド」開業 “創造施設“を目指す

東急不動産は4月17日、複合施設「東急プラザ原宿『ハラカド』」を開業した。原宿・神宮前交差点の角地にの地上7階・地下1階・延べ床面積1万9940平方メートルに75店舗が入る。

地下1階に銭湯「小杉湯」が入るほか、物販や飲食の店舗だけでなく、3階には会員制クリエイティブラウンジ、4階には自然をテーマにした体験ができる企画スペースを設けるなど、実験的な取り組みを推進する。

オープン日朝には屋上テラスでオープニングセレモニーを開催した。東急不動産の星野浩明社長は「原宿はカルチャーの発信地であり、世界的な商業地だ。かつてハラジュクセントラルアパートにクリエイターのコミュニティーが生まれ、新しいカルチャーが生まれたように、『ハラカド』も“創造施設”として、体験を提供したい」と語った。

原宿に住んで50年という長谷部健渋谷区長は、「かつてセントラルアパートにはカッコいい大人が集まっていたし、桜湯という銭湯もあった。『ハラカド』はローカルを意識していてうれしいし、ワクワクする」と期待を語った。

11時のオープンに並んだのは推定で200人ほど。9時過ぎから先頭に並んだという女性は静岡から来館。「キャップショップ『’47』での買い物が目当て」とうれしそうだった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。