ビューティ

「ディプティック」とパリ老舗カフェとの“おいしい”出合い コーヒーや焼き菓子などの香りのキャンドルが登場

パリのフレグランスメゾン「ディプティック(DIPTYQUE)」は4月2日、パリ最古のコーヒー専門店カフェ ヴェルレ(CAFE VERLET)とコラボレーションしたフレグランスキャンドル(全4種、各1万120円)を発売する。香りは、“カフェ”“シャンティ”“ビスキュイ”“フリュイ コンフィ”の4種類を用意し、カフェ ヴェルレの世界へと誘う。

“カフェ”は、焙煎したコーヒー豆の香りがエスプレッソを彷彿させる。“シャンティ”は、デザートなどに添える生クリームの香りで、バニラの滑らかさとホイップクリームのエアリーさを表現。“ビスキュイ”は、ガトー・ド・ボワイヤージュという焼き菓子とパチュリのセンシュアルな香りが溶け合う。“フリュイ コンフィ”は、フルーツの砂糖漬けが着想源。サンダルウッドやパチュリなどが、ジューシーなプラムの香りを包み込む。

ラベルのデザインは、イギリス人イラストレーターのクリム・エバンデン(Clym Evernden)が手掛けた。ボックスには、カフェ ヴェルレと「ディプティック」本店の外観のイラストがイギリス風ユーモアとポエティックなタッチで描かれている。

価格は、4種のクラシックキャンドルが各1万120円。“カフェ”“シャンティ”“ビスキュイ”の3種を詰め合わせたスモールキャンドル コフレは2万350円。発売を記念して「ディプティック」丸の内店では、商品を購入するとコーヒーを1杯プレゼントする。

グルメ愛好家を魅了するカフェ ヴェルレとは

カフェ ヴェルレは、創業1880年。30種類ほどのシングルオリジン(単一原産地)のコーヒーと世界中から取り寄せた紅茶を提供し、グルメ愛好家たちを魅了している。1920年代のパリに着想源を得た内装のサントノレのカフェでは、コーヒーや紅茶とともにチョコレートや季節のスイーツが楽しめる。また、パリ初の自家焙煎所としても知られ、現在でもパレ・ロワイヤル庭園の奥にひっそりと佇む焙煎所でコーヒー豆の焙煎を続けている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。