ビューティ

「ロクシタン」が香水の世界から忘れ去られた香りをよみがえらせたフレグランスシリーズを発売

「ロクシタン(L’OCCITANE)」は、様々な理由で香水には用いられなくなった花々の香りをよみがえらせた新フレグランスシリーズ“Forgotten Flowers”を限定発売している。ラインアップはオードパルファム(50mL、1万2430円)やシャワージェル(250mL、3520円)、シャワークリーム(250mL、3630円)、ボデイミルク(250mL、4620円)、ハンドクリーム(30mL、1760円)で、全国のロクシタン店舗や公式通販サイトで取り扱っている。

香りは、フレッシュでクリーンな香りのゴールデンボタンを採用した“バーボティン”、優しく可憐な香りのメイブロッサムを採用した“ノーブルエピン”、高貴でまろやかな香りのスイートクローバーを採用した“メリロ―”の3種類。

“バーボティン”は、ベルガモットやスペアミントのすっきりとした立ち上がりから、カモミールとゴールデンボタンが融合。爽やかな花々の香りが凛とした気品を感じさせ、ウッディなラストノートへ移り変わる。

“ノーブルエピン”は、爽やかでフルーティな立ち上がりから、アーモンドが融合する香りとみずみずしいペアと可憐なメイブロッサムのマリアージュの香りが特徴。ラストはムスクのやわらかさに包まれるような香りでフィナーレを描く。

“メリロ―”は、大地を感じさせるフレッシュなグリーンノートから、スイートクローバーの個性的でありながらも上品な香り。“メリロ―”はオードパルファムとハンドクリームのみ展開する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。