ビューティ

新ヘアケア「ソルレ」アンバサダーにJO1が就任 吉田ユニ監修ビジュアルに「アートの中に飛び込んだよう」

「ウォンジョンヨ(WONJUNGYO)」や「シピシピ(CIPICIPI)」などを手掛けるRainmakersは新たにセルフケアブランド「ソルレ(SORULE)」を立ち上げ、ブランドアンバサダーにグローバルボーイズグループのJO1を起用した。2月15日に都内で開催したCM発表会にはJO1のメンバー11人も登場。商品の感想やCM撮影の裏側や書き下ろし楽曲“Aqua”について語った。

「ソルレ」第1弾商品となるヘアケアラインは地肌と髪の状態に合わせてカスタマイズできる構成が特徴。プレケアとして地肌をケアするシリコンブラシを用意しているほか、シャンプー3種類(10mL、110円/350mL、1980円)、集中ヘアマスク(10mL、165円/160g、2970円)、コンディショナー3種類(10mL、110円/200g、1980円)をそろえた。ほか、アウトバスアイテムとしてミルク(3mL、110円/ 70mL、1980円)、オイル(70mL、2750円)とヘアドライタオルを、スタイリング剤としてジェル状オイル(40g、1650円)、マルチバーム(35g、1980円)を用意している。

商品について、白岩瑠姫は「僕たちは色々な髪色だったり髪型をするんですが、『ソルレ』はシャンプーとコンディショナーが3タイプあったりして、みなさんに寄り添ったヘアアイテムだなと思いました」と語り、河野純喜は「個人的に大好きなのがヘアミルク。香りがとても良くてつけた瞬間から落ち着くというか。寝る前に付けると良い睡眠が取れるなって」と笑顔。そのエピソードを聞いた鶴房汐恩が河野の髪の香りを嗅ごうとし、会場は笑いに包まれた。

JO1が起用された巨大なボトルと泡に見立てた白い花と共にメンバーがポーズを取るキービジュアルは、アートディレクターの吉田ユニが監修。仕上がりについてはキービジュアル、CM共にメンバー全員が大満足で、木全翔也は「泡を花で表現したり、ダンスのシーンだったり、JO1がアートの中に入ったような感じで。自分たちがアートの一部になっているのがすごくうれしいなと思いました」とコメント。佐藤景瑚はCM撮影について「僕たちはマネキンチャレンジをしたんです。めちゃくちゃきつい体勢で1ミリも動かないという中で、カメラがみんなの周りを通って撮影するシーンがあって。カメラが僕の下を通ってメンバー全員を撮るところでは、自分の出番が終わったらみんなを笑わせました、ちょっとNGも出ちゃったんですけど。いや笑うなよと」と振り返ると、全員から「いや、笑わせるなよ」と突っ込まれていた。

2月16〜18日にはラフォーレミュージアム原宿でポップアップを開催。ブランドコンセプトや商品ラインアップに込められた思いを展示するほか、パーソナルユース診断、頭皮診断などの体験型コンテンツが集まるコーナーと、ビジュアルやCM撮影の裏側がわかるコンテンツを用意。JO1が実際に使用した衣装や吉田ユニ監修の撮影セットを実物大で再現したフォトスポットなどを用意している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

Z & ミレニアル世代を直撃 ジュエリー中心に広がるジェンダーニュートラルの波 

ここ数年でジュエリーを着用する若い男性が急増しました。「ミキモト(MIKIMOTO)」と「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」のコラボレーションのパールネックレスが登場したのが4年前。それをきっかけに、パールネックレス=女性のものという概念が崩れ、男性にも市民権を得ました。それが、さらに広がり、より多くの若い男性が日常的にジュエリーを楽しむようになりました。町中を見渡すと、…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。