ビューティ

課題が山積するエスティ ローダー、復調への道筋は?

有料会員限定記事

世界的ビューティ企業であるエスティ ローダー カンパニーズ(ESTEE LAUDER COMPANIES以下、ELC)の業績が低迷している。急成長する中国市場の波に乗りヒーロー商品に注力する戦略が奏功し、ファブリツィオ・フリーダ(Fabrizio Freda)社長兼最高経営責任者(CEO)が就任した2009年に16.75ドル(約2428円)だった株価は22年1月には370ドル(約5万3650円)を上回り、時価総額は1330億ドル(約19兆2850億円)を超えた。しかし今、中国やトラベルリテール市場の急落、業界関係者が指摘するブランドポートフォリオの革新性の欠如など試練の時にある。(この記事は「WWDJAPAN」2024年1月22日号からの抜粋して加筆しています)

同社の苦境は、ビューティ業界全体がコロナ禍から大きく立ち直った時期から顕著だ。ロレアル(L'OREAL)やコティ(COTY)など主要ライバル企業の株価は昨年12月、年初来それぞれ32%、44%上昇した。一方で、ELCの将来に対する疑問が投げかけられ、同社の株価は暴落。104.51ドル(約1万5153円)と6年ぶりの安値をつけた。取材時の株価は143.03ドル(約2万304円)、時価総額は511億8000万ドル(約7兆4211億円)となっている。

この続きを読むには…
残り3691⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。