ビューティ

【2024年バレンタイン】資生堂パーラーが各店舗で異なるデコレーションパフェを提供

資生堂パーラーは、バレンタイン限定メニューとして各店舗で異なるデコレーションのパフェや甘いフレーバーのカクテルを提供する。すべて2月14日までの提供となる。

銀座本店サロン・ド・カフェは1月23日から“バレンタインスペシャルパフェ フリュイルージュのティラミス仕立て”(2800円)を、日本橋店、自由が丘店、横浜髙島屋店、横浜そごう店、名古屋店、サロン・ド・カフェラゾーナ川崎店は1月15日から“バレンタインパフェ フリュイルージュのティラミス仕立て”(2500円)を提供する。グラスの中はさまざまなベリーを使用したティラミスで、マスカルポーネの濃厚さとベリーの甘酸っぱさのハーモニーを味わえる。

ザ・ハラジュク店では1月16日から“モスカテルシェリーとショコラのパフェ ベリーとシュケットのアクセント”(2200円)が登場する。フランス・ヴァローナ社のグアナラというカカオ分70%のチョコレートを使用したビターなチョコレートアイスクリームに、モスカテルというマスカットの品種から作られた甘美なシェリーを加えた。ベリー、シュケットをアクセントに合わせた“大人のパフェ”だ。

バーエス(Bar S)では1月16日からバレンタインカクテルを用意する。紅茶とスミレのリキュールにカルピスを合わせた“アンシャルム”、チョコレートとローズのリキュールにフレッシュな木苺を合わせた“ペルルローズ”、ブランデーにコーヒーリキュール、生クリームを合わせた“アヴェクトワ”の3種類を用意し、価格はそれぞれ2500円。

自宅でもチョコレートの味わいが楽しめるよう、銀座本店と自由が丘店では2月1日からカップ入りのケーキ“チョコレートパフェケーキ”(1080円)を販売する。カカオ70%のチョコレートを使ったソースとムースを使用しているため、チョコレートの奥深い味わいを堪能できる。さらにバニラムースとシャンティバニラがチョコレートの美味しさを引き立てる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。