ニュース

長谷川潤のヘルシー美の秘訣インタビュー 「GREENS」新アンバサダー就任

 カゴメは、新ジャンルの生鮮飲料「GREENS エナジーパープル」発売に合わせ、GREENS新アンバサダーに長谷川潤を任命した。

 今回の起用は、食を通じた内面からの美しさや健康に関心が高く、二児の母でありながら仕事とプライベートを両立させるなど、ライフスタイルや生き方が多くの女性からの共感を呼んでいるのが理由だ。カゴメは新アンバサダーの長谷川潤を通じて、鮮度の高いものを体に取り入れて内側から美しく、健康になりたいと願う女性に「GREENS」の価値を届ける。

 長谷川潤は健康と美のこだわりについて、「普段から野菜中心の生活を心掛けている。なるべく新鮮な野菜を選ぶようにしています。あとは時間があるときは週2回ほどヨガに通っています」とコメント。

 ファッションのこだわりは、「基本的にすごくミニマルで、素材の良さ、心地よ良さとか形を重視しています。最近は、特にこれっていうよりも、その時その時いいと思ったものをピックアップしていますね。年を重ねるほど、好きなものが明確になりました。ひとつのアイテムを買うと、それをボロボロになるまで着ていて、今は着倒しているのはデニムです」と語り、カゴメ「GREENS」記者発表会当日もシンプルな白いタンクトップにデニムをハイウエストに着用していた。

 カゴメの「GREENS」は、コールドプレスジュースや手作りジュース等の需要から、鮮度を感じる"色、香り、食感"を追求した生の野菜や果物を独自カットし、できるだけ熱をかけずに加工する「低温あらごし製法」で素材本来の香りや食感を引き立たせる生鮮飲料として昨年秋から展開する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら