ビジネス

新生「エディー・バウアー」出店開始 10月に4店舗

メンズアパレルの水甚(岐阜市、中村好成社長)は、米カジュアルブランド「エディー・バウアー(EDDIE BAUER)」の出店を開始する。10月6日にモラージュ菖蒲(埼玉県)、イオンモール福岡(福岡県)、高槻阪急スクエア(大阪府)、10月13日にららぽーと愛知東郷(愛知県)をそれぞれ開く。同ブランドは日本法人エディー・バウワー ジャパンが2021年12月に全店舗およびEC(ネット通販)サイトを閉鎖し、日本から撤退していた。その後、伊藤忠商事が日本におけるマスターライセンス権を取得し、水甚がサブランセンス契約を結ぶ新体制が発足した。

今秋オープンする4店舗はいずれもベッドタウンに立地するショッピングセンターで、売り場面積は165〜198平方メートル。以前の標準売り場面積330平方メートルに比べて小ぶりにし、商品数も絞り込む。メンズとウィメンズの比率は6対4にし、夫婦やカップルで買い物を楽しめるようにする。

米国ではオーセンティック・ブランズ・グループ(ABG)がブランドを保有し、商業デベロッパーのサイモンプロパティーズとの合弁会社スパークグループが製造・販売している。現在、グローバルでリブランディングに取り掛かっており、ロゴや商品も装いを新たにする。日本の店舗デザインでは先行して新しいロゴが採用される。商品はこれまでラギッドなアウトドカジュアルの印象が強かったが、今後は実際のアウトドアフィールドで活躍するようなテクニカルな服も増やしていく。

日本のライセンス商品もこの路線を取る。為替や原材料費の高騰を受けて、以前に比べて価格は1〜2割ほど上がる。定番のダウンジャケット“スカイライナー”が3万6000円、その他の軽量ダウンジャケットが1万6000〜1万8000円。また直営店で売る商品とは別に、日本独自のハイエンドラインを企画し、一部の大手セレクトショップで販売する。従来の顧客よりも若い30〜40代へも訴求する。

水甚は「ファーストダウン」などのブランドを製造・販売するほか、量販店や専門店向けのOEM(相手先ブランドの製造)を多く手がけており、モノ作りには定評がある。特に年間約100万点を製造するダウンジャケットを得意としており、「エディー・バウアー」の商品にもその知見を生かす。また20年に倒産したレナウンから「アーノルド・パーマー」の事業を継承し、直営店運営のノウハウも身につけてきた。中村有孝取締役は「ブランドの圧倒的な知名度、そして当社が培ってきたモノ作りと店舗運営の経験を合わせ、幅広いお客さまに届けたい」と話す。

水甚は当初、「エディー・バウアー」を23年春から国内展開する予定だったが、半年遅れでのスタートとなる。年5店舗のペースで出店を重ね、5年後には25店舗で売上高25億〜30億円の事業規模を目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

MDの仕事を徹底解剖 3ブランドのMDに密着取材

「WWDJAPAN」2024年6月10日号は、MD(マーチャンダイザー)の仕事を特集します。一般的に「商品計画や販売計画を立てる人」と認識されていると思いますが、実際はどんな仕事をしているのか。これまで光を当てることがなかった、知られざる仕事の全貌を紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。