ニュース

「フード バイ エアー」2015-16年秋冬メンズ 既存のルールを壊したヒーローたちのハイパーミックス!

 ニューヨークのストリートブランド「フード バイ エアー」(以下、HBA)が、フィレンツェで開催中のピッティ・イマージネ・ウオモで2015-16年秋冬メンズコレクションを発表した。昨今メンズで注目を集める、ハイファッションとストリートの要素を兼備する“ラグジュアリー・ストリート”の旗振り役を担うブランドの一つ。テーラードとストリートの境界線を取り、フューチャリスティックなムードも漂わせたハイパーミックスのレイヤードを引っ提げ、初めてイタリアに乗り込んだ。

 メンズのドレスコードをベースにしながらも、各ピースはリミックスのオンパレードだ。テーラードコートは、異なる色と素材を掛け合わせることでカッティングエッジなユニフォームに。ドレスシャツには、ベースボールシャツの身頃をドッキング。あらゆる素材とディテールのパッチワークによって、パワフルでプレイフルな現代のスーパーヒーローを完成させた。襟部分をホルターネック風にアレンジして肩や背中を切り取ったチェスターコートや、ハイヒールのプラットフォームシューズなどで、逞しい彼らにセクシーな一面をプラス。両脇が開いたジレ付きフードトップスのように、パッチワークの手法はフェイクレイヤード(重ね着しているように見せて実は一枚仕立ての服)のアイデアにも及んでいる。

 2006年、小さなギャラリーで一枚のTシャツを披露しデビューした「HBA」。既存の概念にとらわれない奔放なクリエーションは、クラシックウエアを主流とするメンズ最大見本市の中で異彩を放ったことは間違いない。しかし、テーラードをパーソナルに着こなすリミックスのアイデアは、自由を求める今のファッションマインドと共通し、両者の距離は決して離れたところにはいないはずだ。さらに、今回の取り組みによって、イタリアの生産背景を利用した初めてのメード・イン・イタリーのコレクションが実現。洋服のクオリティーを一段上に引き上げることとなった。