ニュース

「ラグ & ボーン」2015年春夏NY 夏でも着心地の良いアウターが大充実

 今シーズンは、春夏コレクションでもアウターの充実が顕著だ。ますますコレクションはシーズンレスになりつつあるようだ。「ラグ & ボーン」においても、ブレザーやミリタリーにインスパイアされたアウターが数多くラインアップした。ファーストルックからの数ルックは、インディゴ染めのコットンによるシリーズ。ブレザーやクロップドジャケット、スモック、ロングベストにセンタープリーツのパンツといったアイテムで、シンプルかつクリーンなワントーンコーディネート。カモフラージュ柄のパーカやパンツ、ベストやフード付きパーカなどは、日本のテリー織り(タオル地)やシルクツイルを使用し、着心地や素材にもこだわっている。得意のバッグはショルダー型のコンパクトなサイズ。肩掛けの長さを短くし、バッグを胸あたりにもってくることで、アクセサリーのような感覚のスタイリングだ。足もとはミュールやサンダルでリラックス。