ビューティ

ゲリラ販売し話題を呼んだ「キャンメイク」の8色アイシャドウパレット“プティパレットアイズ”に新色 定番化も

キャンメイク(CANMAKE)」は7月下旬、ツイッターを中心にSNSで話題を呼んだアイシャドウパレット“プティパレットアイズ”(各1078円)に新色のピンク系“03 ミニョンヌリボン”を加え、今春販売した柔らかなピンクベージュ系の“01 プリュムフラワー”と、赤みブラウン系の“02 ボヌールマロン”を含めた全3種を発売する。なお、同商品は10月頃に定番化を予定している。

“プティパレットアイズ”はマットやパールなどのさまざまな質感とカラーをセットした8色入りのアイシャドウパレット。多色パレットでありながらもコンパクトなサイズ感で、“持ち歩けること”を重視した。それぞれのカラーには洋服の生地やニットの柄などを型押しし、細部までこだわった。

“01 プリュムフラワー”と“02 ボヌールマロン”は2023年の3月頃、「キャンメイク」公式サイトなどからの発表もなく突然店頭に並んだことで話題に。ツイッターでは「近くのバラエティショップに寄ったけど買えなかった」「情報を知らなかったから驚いた」などの声が上がり、“幻のアイパレット”と呼ばれた。

同日には、定番商品の“クリームチーク(パールタイプ)”から透明感を演出するブルーの偏光パールを配合したピンクラベンダーカラーの“P05 ペールライラック”(638円)を数量限定販売する。ほか、ネイルポリッシュの“カラフルネイルズ”(各396円)から大地をイメージした深みのある5色も登場。カラーラインアップは、10月以降定番化を予定している赤みブラウンとマスタードブラウンの2色、数量限定でカーキやモスグリーン、ダークブラウンの3色。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。