ファッション

【ユニクロ2023年秋冬 前編】 ヒット中の“ラウンドミニショルダーバッグ”に続く本命はコレ

次なるヒットバッグはどれ?ーー“ラウンドミニショルダーバッグ”(1500円)がグローバルで売れている「ユニクロ(UNIQLO)」が、2023-24年秋冬物でもバッグの企画に力を入れている。ファブリックから合皮製のきれいめデザインまで、バリエーションをもってそろえている。

“ラウンドミニショルダーバッグ”に続く本命ヒットとなりそうなのが、クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)率いるパリR&Dセンターによる「ユニクロ ユー(UNIQLO U)」のショルダーバッグだ。巾着袋にショルダーストラップを付けたような大きめデザイン(2990円)で、数シーズン前から販売。「今春夏よく売れており、好評を受けて秋冬は新たに小サイズ(1990円)を出す」と広報担当者。「ユニクロ ユー」では、フラップ付きショルダーバッグ(1990円)やバックパック(4990円)も企画した。

コーデュロイでシーズン性取り入れ

「ユニクロ」のインラインでは、“ラウンドミニショルダーバッグ”を、秋冬らしいコーデュロイ素材で提案する。コーデュロイは3色展開の予定で、価格は据え置きの1500円。

ファブリック製のカジュアルバッグへの支持が強いが、合皮バッグのバリエーションも豊富。ショルダー付きミニトート(1990円)や、巾着型、市場で人気の三日月型ショルダーバッグなどを企画している。本革だったら汚れを気にしてしまいそうなヌメ革風ベージュや、トレンドカラーの鮮やかなレッドなどもユニクロ価格で楽しめる点が最大の強み。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。