ファッション

アート×ファッションの新たな試み 第1弾は「カナコ サカイ」と細倉真弓

 三菱地所は、直観が企画するファッション基軸の新たなコラボレーションプロジェクト「トウキョウ ファッション ストライド(TOKYO FASHION STRIDE)」を立ち上げ、第1弾として「カナコ サカイ(KANAKO SAKAI)」のコレクションを写真家の細倉真弓が撮り下ろしたビジュアルを、東京・新丸の内ビルディングのウインドウに2023年1月30日まで展示している。

 同プロジェクトは、ファッションブランドがアーティストと協働し、従来の領域から一歩踏み出したクリエイションを発信することを目的としている。第1弾のビジュアルは「Ghost (multi-layered)」と題し、生地にこだわる「カナコ サカイ」の2022-23年秋冬コレクションに細倉が着想を得て、それぞれの“テクスチャー”へのこだわりを、互いの表現を交差させながら作り上げた。

 サカイカナコデザイナーは、同プロジェクトへの参加理由について「まず、私が興味のあるアート×ファッションという試みに引かれた。この2つを融合するとファッション寄りのものができることが多い中、今回はアーティストがファッションを解釈し、作品を自由に作り上げるという点が面白いと思った」と述べた。さらに「主催する三菱地所と企画する直観は、ブランド側でもアーティスト側でもない。だからこそ私たちには作れない作品ができるし、普段アプローチが難しいコミュニティーにも『カナコ サカイ』を知ってもらうきっかけになれば」と期待する。2月以降の第2弾も「カナコ サカイ」とクリエイターが協業予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。