ビューティ

ロレアル、ホテル新羅とのジョイントベンチャーによる新ブランド「シヒョ」立ち上げ アジア発ラグジュアリースキンケア

 仏ロレアル グループ(L’ORÉAL GROUP)はこのほど、新ラグジュアリースキンケアブランド「シヒョ(SHIHYO)」を立ち上げた。ホテル新羅と投資ファンドのアンカー・エクイティパートナーズ(Anchor Wquity Psrtners)とのジョイントベンチャーであるロシアン(LOSHIAN)による事業で、ロレアルがジョイントベンチャーとして新ブランドを創設するのは今回が初めて。ブランド初の旗艦店「ソウルガーデン(Seoul Garden)」を、韓国の新羅ホテル内に今後数カ月以内にオープンする予定。

 「シヒョ」は、アジアの二十四節気からインスピレーションを得て誕生した。各季節の旬の時期に収穫したハーブを用い、科学的研究に基づき製品を開発。高濃度美容成分を含有する美容液やクリームなどのスキンケア製品と、シャンプーやコンディショナーなどの頭皮ケア製品をそろえる。独自成分「シヒョ24」は、24種類のハーブ成分を濃縮し米発酵水と高麗人参水を配合した特許取得済みの高栄養価成分で、全製品に使用した。

 同ブランドは、ロレアルの化粧品メーカーとしての知見とホテル新羅のラグジュアリーリテールのチャネル、アンカー・エクイティパートナーズの金融ビジネスにおけるフレームワークを活用する。シリル・シャピュイ(Cyril Chapuy)=ロレアル リュクス事業本部 プレジデントは、「自然に対する卓越した伝統の知恵と知識に根ざした『シヒョ』は、アジアのラグジュアリーな美を体現するブランド。科学に裏付けされた『シヒョ』は、特許取得済の独自成分により最高品質のスキンケアを実現するとともに、最高峰のラグジュアリー美容体験を提供する」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。